免許合宿のメリットデメリット

免許合宿のメリット・デメリットについてまとめます。

期間

メリット

免許合宿の期間は普通自動車で約2週間、観光プランなどで3週間程度で、決められたスケジュールの中で短期間で取得できます。また、期間をあけることなく教習が進んでいくことから、運転が苦手な人でも忘れないうちに繰り返し練習できることから、苦手意識を持っている人にもおすすめです。

デメリット

短期間といってもまとまった期間が必要なため、学校やアルバイト・仕事などでまとまった期間が無い場合には参加することができません。

料金

メリット

免許合宿の相場は普通自動車の場合、20万~25万が相場、最安で18万程度。通学で自動車学校に通うのに比べると10万以上安い場合が多いです。高校生や大学生の長期休暇と重なる春休みや夏休みは相場が少しあがり、それ以外の時期は比較的安い金額で参加できます。

デメリット

万が一、追加の教習が発生した場合には、教習料金だけでなく宿泊料金が生じてしまう可能性があります。

道路事情

メリット

地方の自動車学校では、混んでいない広い道路を走ることができる場合が多く、基本的な運転操作に慣れることができます。

デメリット

実際に運転する環境とは異なる地域のため、実際に自分が運転する環境とは異なり、慣れまでに時間がかかる可能性がります。

出会い

メリット

免許合宿では、初めて出会う多くの人と長い時間をともに過ごすため、多くの新たな出会いがあります。一緒に過ごす時間が長いことから自然と仲良くなり、免許取得という目標に向かいともに頑張り、乗り越えるという体験からカップルができることも少なくありません。